プログラム

学術プログラム(2019/4/16現在)

日程表

会長講演「臨床ウイルス研究の醍醐味:新知見を追い求め」

演者:吉川 哲史(藤田医科大学医学部小児科学)

特別講演「我が国の医学研究の未来を見据えて」

座長:吉川 哲史(藤田医科大学医学部小児科学)
演者:門松 健治(名古屋大学大学院医学系研究科分子生物学)

教育講演1「「オミックス解析による次世代バイオマーカー探索」求められる先制診断およびコンパニオン診断薬開発」

座長:西村 直子(江南厚生病院小児科)
演者:齋藤 邦明(藤田医科大学医療科学部病態制御解析学)

教育講演2「腸内細菌を介した免疫制御と生体防御」

座長:齋藤 昭彦(新潟大学医学部小児科学教室)
演者:國澤  純(国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所)

シンポジウム1「未知・既知のウイルス感染症の病態を解く」

座長:木村  宏(名古屋大学大学院医学系研究科ウイルス学)
   津川  毅(札幌医科大学医学部小児科学講座)


「包括的遺伝子解析による慢性活動性EBウイルス感染症の病態解明」

川田 潤一(名古屋大学大学院医学系研究科小児科学)

「内側側頭葉てんかんとHHV-6」

河村 吉紀(藤田医科大学医学部小児科学)

「エンテロウイルスD68感染症と中枢神経疾患」

清水 博之(国立感染症研究所感染症疫学センターウイルス第二部)

「人獣共通感染症: One Healthの時代」

前田  健(山口大学共同獣医学部生体機能学講座)

シンポジウム2「疫学解析からひも解くウイルス感染症」

座長:神谷  元(国立感染症研究所感染症疫学センター第一室)
   皆川 洋子(愛知県衛生研究所)


「2016年に確認された日本脳炎集積事例から得られた知見」

新井  智(国立感染症研究所感染症疫学センター)

「ウイルス感染症、変わったこと、変わらないこと」

水田 克巳(山形県衛生研究所微生物部)

「ナショナルサーベイランスにおける成果:麻疹・風疹」

多屋 馨子(国立感染症研究所 感染症疫学センター)

「インフルエンザウイルスのグローバルサーベイランス」

高下 恵美(国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター)

シンポジウム3「先端技術を使った診断・病態解析アプローチ」

座長:竹田  誠(国立感染症研究所ウイルス第三部)
   片山 和彦(北里生命科学研究所感染制御・免疫学部門ウイルス感染制御学研究室1)


「先端技術による水痘帯状疱疹ウイルス潜伏感染機構の解明を目指して」

定岡 知彦(神戸大学大学院医学研究科 附属感染症センター)

「HTLV-1感染病態解明へ向けた感染者血液のシングルセルトランスクリプトーム解析」

佐藤 賢文(熊本大学大学院先導機構エイズ学研究センター)

「ヒト腸管オルガノイドとノロウイルス培養」

片山 和彦(北里生命科学研究所感染制御・免疫学部門ウイルス感染制御学研究室1)

「ロタウイルスの遺伝子操作系」

河本 聡志(藤田医科大学医学部ウイルス・寄生虫学)

  • 若手奨励賞セッション 9題(予定)
  • 一般演題(口演) 58題(含む,若手奨励賞候補演題)(予定)
  • ランチョンセミナー 6題(予定)
  • イブニングセミナー 1題 (予定)

※プログラムは予告なく変更となる場合がございます。